運動時の頭痛を治す会 » 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

人間には多くの身体のトラブルが存在しており、それらは非常に多岐にわたるものになります。たとえば骨折や怪我などは外から来る身体の異常になりますし、内臓の異常は身体の内側から来るものであります。

そんな身体の内側から来る体調不良として多いものが腰痛です。腰の痛みは日常生活の中で座る姿勢であったり仕事のなかでずっとおなじ姿勢をしていたりすると起こりやすくなり、慢性的になると日常生活の中に支障が出ることもめずらしくありません。

そんな日常生活に影響をおよぼすほどの腰まわりのトラブルが脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と呼ばれるもので、椎間板ヘルニアとならぶほどの二大疾患として知られているものになります。

それから腰まわりだけではなく首などにも起こりうるものなのですが、いちばん起こりやすい腰まわりに起こった脊柱管狭窄症のことを腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と呼びます。

前述の椎間板ヘルニアなどから発展してこの症状につながることもありますが、大きなポイントとしては先天性のものと後天性ものの2つがあることが挙げられます。

先天性のものは生まれつきの問題であり、このトラブルの原因である「脊柱管がせまくなってしまうこと」がもともと生まれつきでなってしまっているので、高齢者に多いとされているこのトラブルが若いうちから起こることもじゅうぶんにかんがえられるのです。

逆に後天性のものとしては前述のとおり座りっぱなしのデスクワークであったり、トラックの運転手などが掛かりやすいトラブルとしてじょじょに脊柱管がせまくなって行くことで起こることになります。

基本的にはほかの病気とおなじく早めの発見と治療が大切ですが、このトラブルはゆっくりと進行するので発見がしやすいものでもあります。