運動時の頭痛を治す会 » 予防接種について

予防接種について

予防接種は健康を長持ちさせるために欠かせないものです。病気になってから治療するよりも、一度の処置でしっかりと予防するほうが、体への負担もかなり軽減させることができます。

予防接種を受ける場所は、あまり限られていません。今ではほとんどの医療機関で受けることができます。また集団接種の場合は保健所や保健関連の施設でも受け付けています。子供が予防接種を受ける場合は、小児科やこどもという文字が看板に書かれてあることを確認します。

また大人の場合では内科が診療科にあればほとんど可能です。またワクチンを常備しているかどうかはチェックしなければなりません。事前に問い合わせて診療時間を予約するなどすれば問題なく受けることができます。

予防接種は、主に薬で治すことは難しいといわれる病気を予防します。注射や内服などによって、対象となる病気を発症させるウイルスに似ているワクチンを体内に取り入れ、抗体を作ります。抗体ができれば、ウイルスが体内に侵入してもその病原体を破壊し、また無毒化することもできるようになります。

予防接種には2つの種類のワクチンが使用されます。1つは病原体が生きているタイプ、もう1つは病原体が死んでいるタイプです。

生きているタイプの場合は、病原体が生きているのですから、そのままでは病気を注射しているのと同じことですが、この効果を弱めたもの、ウイルスや細菌などを使用するのが常です。

また抗体自体は長く持続して、予防する効果も高くなります。主なものは、ポリオワクチンやBCG、麻しんワクチンや風しんワクチン、麻しん風しん混合ワクチンなどです。

これとは逆に、死んでいるワクチンの場合は、抗体はできにくく、また長持ちもしませんので、一回だけではなく数回摂取するのが常ですが、副作用はほとんどありません。DPT 三種混合ワクチンやDT 二種混合ワクチン、ジフテリアワクチンや破傷風ワクチン、百日せきワクチンなどがあります。