運動時の頭痛を治す会 » 耐震基準について

耐震基準について

耐震基準と一言で言っても、その中身についてはなかなか素人では掴みきれません。また自分が住んでいる家、仕事場などがその基準を満たしているのかどうかは誰もが気になるところだと思います。

まず耐震基準という言葉の意味は、建物が地震の振動に対して耐えることができる能力を定めているもので、例えば関東大震災の翌年、1924年には、世界初の施行が日本において実施されました。

また、昭和56年には、さらに耐震基準が大きく改正されました。新しい耐震基準においては、建物を倒壊を防ぐことはもちろんのこと、その建物に住んでいる人間の安全性をより高く考えてあるそうです。

また、今までは震度5に耐えるものとされていましたが、1段階アップし、震度6まで対応する建物に変わりました。つまり、中規模地震に耐えることが目的であり、大地震については対応できないと言えます。

木造住宅がほとんどの時代ですので、大地震対応に見合うような資材の調達、また技術面についても困難であったかと思われます。

また、この昭和56年の新しい基準を満たす住宅が、もし今後、大地震が来た場合に充分に耐え得るのかどうか、はっきりと知りたいという方は多いと思います。

実際、この新しい基準においてはごく最低のレベルでしかない、と言われています。つまり地震自体はとても複雑で、震度が同じであっても、その1つ1つが建物に対する影響度が違うものですので、まず絶対に安心である、ということは誰にも断言できない、と言えます。

新しい耐震基準、そして昔との差が現実的に顕著に出た例が、阪神淡路大震災です。阪神・淡路大震災では、旧基準のもののうち30パーセントが大きなレベルの被害を受けたのに対し、新しい基準の建物は数パーセントだった、と言われています。

この例から、出来ればそれ以上のレベルの耐震設備を装備していることが理想である、と言えます。