運動時の頭痛を治す会 » 喫煙するという意識

喫煙するという意識

人は生きるために呼吸をします。その呼吸は綺麗な空気であってほしいと思うのが当然でしょう。しかし、人は吸う空気を選ぶことはできません。なぜなら空気は見えないのです。

工場から出るガスや車の排気ガス。今は綺麗になったといわれていますが山の中の空気とは比べ物にならないでしょう。

しかし目に見える有害な空気もあります。喫煙をするというのは百害あって一利なしといわれています。間違いないでしょう。なおかつ人への配慮が足りないとただ迷惑になってしまう物です。

煙というのは空気です。普段目に見えないものばかりを吸い込んでいる人間はたばこなどの白い煙を吸い込むこと自体慣れていません。

嫌煙化が進む中でどんどん追いやられているのが現状です。それは今までの喫煙家は周囲への配慮が足りなかったことと、現代社会で生きる人間が健康へ意識を向け始めたことが原因の一つであったのだと思われます。

喫煙の健康被害についての認識が広がったという結果を踏まえ喫煙家はそれを考えなければならないところにいると言えるでしょう。

喫煙所以外ではすってはいけないからしょうがなくではなく、周りに迷惑だから、健康を気にしてやめた人がいるということを頭の片隅に置いておくことは最低限のマナーであることを意識したほうがよいと思われます。

昔は誰もストレスを感じることなく吸えていた環境では今はないのです。どこでも誰も気にせずたばこを吸うというのは、誰もが健康を考え長く生きたい、自分の思い描く人生を歩みたいというのを邪魔している行為と言えるでしょう。

意識を一つ持つだけで、考え方を周囲にいる人間に合わせるだけで今とは違う考えを持てるはずです。肩身の狭い思いをするというのは健康の意識が高くはなかった時期と比べてのはずです。

比べてはいけません。電車の中でご老体の方に席を譲ることと同じように気を配らなければならないことだと私は思うのです。