運動時の頭痛を治す会 » 頚椎ヘルニアの術後とリハビリ

頚椎ヘルニアの術後とリハビリ

頚椎ヘルニアの手術後は安静期間を過ごした後、歩行練習や体に負担のかからない簡単なストレッチ、筋肉トレーニングなどの重くないリハビリから始めていきます。

体の重みを支えるための筋肉や衝撃に耐えられるような筋の柔らかさを鍛えるためにストレッチなどを重視してリハビリを行うことが多いようです。

頚椎ヘルニアの専門医から教わるトレーニング法やストレッチは体への負担や力加減を考えられている方法なので、基本的に退院してからも自宅で行えるようなものが多く、自分で続けていくためにもしっかりと覚えておくと良いでしょう。

頚椎ヘルニアの手術が終わると、頚椎ヘルニアの痛みがなくなったからと焦りや逸る気持ちから過度なリハビリを行ってしまうことがありますが、術後に急性なリハビリを行うことは、体に負担をかけ頚椎ヘルニアの完治を遅らせてしまうことがあるので要注意です。

リハビリは日常生活に戻るために保存療法であっても手術であっても必要になることですが、過度にやっても効果は得られなく、逆に悪化に繋がることも多々あり、重症化や頚椎ヘルニアの再発の原因にもなります。

リハビリにも段階があり、それに則り自身の症状や経過を確認しながら一人一人のペースで施していくことが何よりも大切です。リハビリのペースは頚椎ヘルニアの専門医からの指示に従うことで自然と成り立っていくのでそのペースをしっかりと守ることが大切です。

リハビリはゆっくりと進めていくことが大切ですが、途中で違和感や異変を覚えた場合には中断して随時担当医に伝えるよう心がけて下さい。

そして、経過を見ながら自分に合わせて毎日スケジュールを組んでくれてはいますが、それはあくまでも経過を見ながらのことなので本当の症状は自分自身しか分かりません。

ですので、こまめに状態を伝えることが一番大事であり、頚椎ヘルニア完治への時間を早くする第一歩になります。トレーニングやストレッチなど、初めは慣れないことで体がついてこないということもありますが、慣れてくると体もついてくるようになるので心配はいりません。