運動時の頭痛を治す会 » 神経ブロック注射の副作用について

神経ブロック注射の副作用について

近年、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病気の治療にペインクリニックなどでも行われているものが神経ブロック注射です。

その種類には硬膜外ブロックや神経根ブロック、椎間関節ブロック、交感神経節ブロックと様々な種類がありますが、簡単に説明するとブロック注射というものを打ち痛みの情報を伝達している神経の流れを一時的に遮断することで、痛みを感じなくする治療法です。

このようなメカニズムからこのブロック注射は高い鎮痛作用と即効性を持ちます。しかし、神経に直接働きかけるような治療となると副作用が心配になられるかもしれません。

ですが実際はそれほど心配することはありません。ブロック注射には大抵通常の注射で使われるものよりも針径が細く鋭いものが使われているのに加え、事前に痛み止めを作用させてからの処置になるので、思ったよりも痛くなかったという方も多い程です。

また、副作用というのも考えてしまう方もいると思います。ですが神経ブロック注射は患部により接近して直接的に治療を行うため、返って薬物療法などよりもずっと他の部位に与えるような影響が少なくなっています。

治療自体も熟練した専門家の医師が行う限り心配はいらないです。時に神経ブロックを施す部位や注入する薬物の分量が起因して手や足にしびれを感じることがありますが、治療上にことなので安心して頂いて結構です。

もちろんその状態も時間が経過すればきちんと元に戻ります。処置自体も体調の様子を診て行われますので発熱がある場合や体調が優れない場合には神経ブロック注射は行われません。

一般的に言われている神経ブロック注射の副作用はどんな種類の神経ブロックであっても術後短時間で起こるので、病院においては施術後一定時間の安静をとりますので過大な心配をする必要はありません。