運動時の頭痛を治す会 » 変形性脊椎症について

変形性脊椎症について

変形性脊椎症とは、主に加齢などによって脊椎の形が変わってしまい、腰の痛みを起こす病気です。背骨は本来椎骨がきれいに彎曲して積み重なってできています。

またこの彎曲や骨の表面にある軟骨が機能することで腰は自由に動かすことができますが、加齢によって徐々にすり減ると、関節同士の噛み合わせが悪くなり、腰痛などの痛みが起こるのです。

またこの椎骨をつなぎ、クッションとして機能している椎間板も加齢によって老化し、弾力性が減っていきます。このことで、椎体には骨棘、つまり骨の棘のような部位が出来ることがあります。

この骨棘は神経を刺激することもあり、また圧迫などによっても強い腰痛やしびれが起こります。

骨の変性は多くの方に見られますが、それらの方すべてに痛みが起こるものではありません。また朝起きたら突然ぎっくり腰として発症したり、仕事で疲れて徐々に腰痛が大きくなるという場合もあります。

主な症状としては、起床後の歩き始めの痛みがあります。この場合はとくに痛みが強く、またしばらく時間が経てば軽減しますが、長時間歩き続けるとまた起こります。その他、脊椎の変形が進むと背中が極端に猫背になります。

変形性脊椎症の治療法としては、まず急性期には楽な姿勢を保って安静をとることが大切です。またカイロを使用したり、入浴を長めにすることで腰を温め、痛みが緩和されます。

痛みが軽い場合は、積極的に腰痛に効果のある体操、腹筋や背筋の強化を実践して、常日頃の姿勢の悪化や動作のアンバランスなどにも注意しなければなりません

腰が痛くて動けないような場合もあります。この場合は中途半端な姿勢ではなかなか安静にできません。まずベッドや様式トイレなどを利用できればそれらに変更をし、ベッドは固めのものを使用し、膝の下に枕などを使用して高さを作ると楽になります。

また横向きの場合も膝を曲げたほうが症状が緩和されます。工夫をしながら4、5日でも安静をとれば、痛みはほとんど解消できます。