運動時の頭痛を治す会 » 食べ物について

食べ物について

頭痛は私達にとって身近な症状です。痛みを起こす原因は様々です。睡眠不足や寝過ぎによるもの、毎日のデスクワークや姿勢の悪さなどが重なり血行が悪くなってしまった為に起きる肩こりや目の疲れが原因のものがあります。

あまりご存知ない方もいらっしゃいますが実は頭痛を引き起こしやすい食材や痛みを緩和する食材があります。対処法の一つとして覚えておくと頭が痛くなった時には役立つのでご紹介したいと思います。

頭が痛くなるのは頭の中の血管が拡張して痛みを感じる神経を刺激してしまう事が原因の一つと考えられています。ですから脳の中の血管を拡張してしまう物質を含む食材を多量に食べてしまったりすると頭痛が起こりやすくなります。

その食べ物を例に挙げるとチーズがあります。以外に思われる方も多いでしょう。ワインを飲む時のおつまみとして添えられていたり、乳酸菌を含む発酵食品として体には良いとされているチーズですがこの中にはチラミンという物質が含まれています。

このチラミンという物質は血管を収縮させる機能もあるのですが収縮の後に急激な拡張を促す働きがあるのです。ですからチーズを多く食べ過ぎると頭痛が起きる場合があります。

チラミンを含む食材はキムチ、チョコレート、レバーなどがあります。これらの食材はチーズ同様に食べ過ぎると頭痛を起こす原因になるので食べすぎには注意をしましょう。

ソーセージやハムなどに含まれている亜硝酸ナトリウムも脳の血管を拡張する作用があります。カップラーメンなどのインスタント食品やスナック菓子などに含まれるグルタミン酸ナトリウムという旨味成分ですがこちらも脳の血管を拡張する働きを持っています。

アルコールが頭痛を引き起こしやすい飲み物なのはご存知の方も多いですね。アルコールは脳の血管を拡張する機能があります。お酒を飲み過ぎて次の日に頭痛になる二日酔いはこの働きによって引き起こされます。

お酒を飲んでおつまみもたくさん食べて休日に頭が痛くて寝込んでしまうとせっかくの休みを無駄に過ごしてしまう事にもなりかねません。適度にお酒を飲む事はリラックスもでき、血流をよくする効果もあります。気の合う仲間と楽しくお酒を飲むのは楽しい事です。

しかし飲み過ぎや食べ過ぎは体によくありません。悪い影響がたくさんあります。ですからお酒やおつまみは適度な量を超えないように注意しましょう。

おすすめサイト→業務用しょうがの坂田信夫商店