運動時の頭痛を治す会 » 脊柱管狭窄症の症状と治療

脊柱管狭窄症の症状と治療


脊柱管狭窄症の症状としては一般的に言われているのが、腰痛、下半身の痛み等があり、中高年に割と多いようです。腰をそらすと、痛みが悪化し、前かがみになると楽になるようです。

そして、休むと歩けるようになり、歩くと痛み出し、又休むと歩けるようになるのが典型的な症状のようです。調べれば調べるほど脊柱管狭窄症は簡単に治るような病気ではなさそうです。

それでは、どういったことで改善できるのでしょうか?そして完治は可能なのでしょうか?とても気になるところです。一般的に脊柱管狭窄症の治療法としては薬物療法、理学療法、装具療法等が挙げられます。

最終的に重症な脊柱管狭窄症の症状の人は手術する事になるようです。でも、手術といっても簡単に出来るわけではありませんし、大変な決断を要します。そういったときはやはり自分と相性の合う名医を探す事からはじめなければいけません。

東京には沢山の名医が居ますが、どの方も自分がアプローチしなくては、なかなかお会いできる事は出来ないでしょう。東京で名医に会う前に、病院の治療方針、名医の実績等調べると共に、実際治療を受けた人の体験談などを聞くと、内容が細かく分かって良いでしょう。

また、関西方面の名医と言えば、やはり中川卓爾先生です。30年間で50万人以上の腰痛患者を治し、医者から見放された、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、分離症、すべり症患者を述べ10万人以上救ってきた名医です。

中川卓爾などで、ネットで検索すれば情報が出てくると思いますので、興味のある方はどのような実績を持った先生か調べてみてはいかがでしょうか。