[PR]


運動をすると頭痛になる原因

運動は健康にも美容にも効果があります。ランニングやダンス、チームで行う球技など天気の良い日に清々しい空気を胸一杯に吸い込んで行う運動は気持ちもリフレッシュできます。

健康にも美容にも良い運動なのに、運動をすると何故か頭が痛くなってしまうという経験をしている人がいます。頭が痛くなってしまうので体を動かすことを我慢したり、痛いのを我慢しながら運動を行ったりしている人もいます。

どうして痛みを引き起こしてしまうのでしょうか。原因は一体何なのでしょうか。運動時の頭痛を治す会では運動をすることで引き起こされる頭痛みや原因、対処や予防法をお伝えしています。

他にも気なる健康の情報や注意点などもお伝えしています。合わせてご活用下さい。運動をすると頭痛になる原因ですが、運動を行うと血流が良くなります。

血流が良くなると頭の中の血管が膨張をするということが1つ上げられます。頭の中の血管が膨張する事で神経が圧迫されます。神経の圧迫が原因となって頭痛が起きるのです。

頭の中には髄液というものがあります。髄液は脳の水分含有量を緩衝する働きや、形を保つのに役に立っています。この髄液の圧力が高まるのも原因の一つではないかと考えられています。

他にも貧血から起こる頭痛もあります。また運動の種類が原因で起こる頭痛もあります。例えばスイミング、筋肉トレーニング、ベンチプレスといった運動は無呼吸運動呼ばれる種類です。

呼吸をしないで体を鍛える運動をした場合は脳が酸素不足になります。酸素不足になった脳は酸素を吸収しようと血管を太く膨張させます。血管が膨張する事で神経が圧迫され頭が痛くなるのです。

運動によって筋肉にかかるストレスが原因で頭痛が起きる事もあります。元々貧血ぎみだったりする人はマグネシウムが運動の時に体の外に放出されてしまう為に頭痛が起こるのではないかと言われています。

人によって運動後に起きる頭痛の原因は様々です。いくつか、頭痛の原因となる要素が重なって頭痛を引き起こしているケースもあります。頭痛を起こさないようにする対処としては急に運動を行わないこと、徐々体を動かして段々運動に慣れて行くように行います。

急激な変化が体の中で起こると血管を膨張させる可能性が高いのでそれを避ける為に少しづつ体を慣らしながら運動をします。また、運動をする30分から2時間前ほどに鎮痛薬を飲んでおくと言う方法もあります。

かなり効果はある方法です。この症状は多くの人数がいて、多くの人が鎮痛薬を事前に飲んでおくと言う方法を行っています。薬を飲むのに抵抗があるという人は、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含んだ飲み物を飲みます。

カフェインには血管の拡張を防ぎ一時的に血管を収縮する働きがあります。たくさん飲む必要はありません。飲み過ぎると今度は過剰に摂取したカフェインが体の中から少なくなるとカフェインの禁断症状として頭痛が起きてしまう事があります。

その運動を行わなければ頭痛は起こりにくい事は確かですが、全く運動をしないというのも考えものです。運動をせずに食べてばかりいると当然、太り過ぎてしまうこともあります。

太り過ぎて肥満になってしまうと体の色々な臓器に負担をかけてしまいます。血圧、血行血糖値、心臓など命に関わる場合もあります。

ですから上手く対処法を組み合わせたり頭が痛くなる予感がしたら鎮痛成分含んだ薬を服用して症状が起きるのを未然に防いだり、カフェインを含んだ飲み物を飲んだりして効果を見てみましょう。

また2,3カ月運動を行っていると体がだんだん慣れてきて症状が起きなくなる事も多く見られます。少しずつ体を慣らしていくという方法も試してみましょう。寝不足や体調不良からも症状は起きます。

運動によって悪化してしまう事あります。あまりにも症状が続いて心配だったり、痛みの強さがいつもより強いと感じる場合などは病院を受診してみましょう。何か運動以外の原因がある場合もあります。

バランスの良い食事や睡眠などの日常的に出来る健康面のケアをしながら痛みに対処し、うまく付き合っていきましょう。


お薦めサイト一覧

ブロック注射について詳しく知りたい方はブロック注射情報ナビをご覧ください。

頚椎ヘルニアの治療でお悩みの方は頚椎ヘルニア治療NAVIをご覧ください。

五十肩の治療でお悩みの方は五十肩の情報サイトをご覧ください。

脊柱管狭窄症でお悩みなら腰部脊柱管狭窄症119番へ。

分離症でお悩みなら分離症119番へ。


新着情報

 2016年07月23日:食べ物について
 2016年07月23日:薬について
 2016年07月23日:腰部脊柱管狭窄症